大型精密機械加工/ 各種製缶・溶接加工/ FA装置/ 設計・製作・組立・据付の吉村工業所

会社案内

Company

代表挨拶

株式会社 吉村工業所は昭和32年3月法人設立以来70年、溶接・板金・機械加工の部品製造に始まり、冶工具・一般自動機・専用機・試験機等の設計・製作を主に、国内・外の電気・自動車関連メーカー様へ高精度のFA装置を提供して参りました。

モノづくりの原点は企業を動かす優秀な人材無しには成り立ちません。弊社は長年の経験・実績で培った新旧の技術を最大に活かし良品質、低コストを目標にお客様に納得して戴けるモノづくりを全社員で行います。そして常に先を考え、世の中に貢献出来る企業を目指します。

代表取締役 吉村 正明

経営方針

顧客第一

  • 常に良い品質を維持し、約束した納期を守り、適正な価格で接しよう。
  • すべての要望には積極的に取り組み、満足していただける結果をだそう。

人間尊重

  • 自主・自由を大切にし、生きいきした活力のある会社にしよう。
  • 創意・工夫を尊重し、常に成長する会社にしよう。

信義誠実

  • やさしい心ときびしい心を持って何如にも対応しよう。
  • 義務を守れば信頼が生まれ、誠意を持って維持していこう。

会社概観

会社概要

名称 株式会社 吉村工業所
代表者 代表取締役 吉村 正明
TEL / FAX TEL 046-251-0630(代) / FAX 046-256-2277
創業 1948年(昭和23年)3月
面積 2,480㎡
建物 1,460㎡
資本金 1,000万円
取引銀行 横浜銀行 座間支店
三菱UFJ銀行 海老名支店
横浜信用金庫 海老名支店
主要取引先 株式会社 東芝 及び 東芝グループ
日立オートモティブシステムズ 株式会社
株式会社 安川メカトレック
三菱電機エンジニアリング 株式会社
日東工業 株式会社
その他
(敬称略、順不同)

アクセス情報

所在地

〒252-0003 神奈川県 座間市ひばりが丘4丁目10番21号
TEL 046-251-0630(代) / FAX 046-256-2277

組織図

組織図

会社沿革

昭和23年3月(1948年) 東京都大田区仲六郷1丁目3番地にて故 吉村 茂が酸素・電気溶接を主に個人開業
昭和32年 有限会社 吉村工業所に法人登録
昭和37年 設備拡張のため神奈川県座間市ひばりが丘ヘ工場移転
昭和57年 機械加工部門を新設し立型マシニングセンタ、NCフライス、研削盤等の設備を導入
昭和61年 社名を「株式会社吉村工業所」へ組織変更
平成1年(1989年) 設計部門にCADを導入
平成3年 大型機械加工に必要な門型マシニングセンタ設備を導入
平成16年 製缶・溶接工場に空調設備を導入、全工場環境、クリーン化に対応
平成18年 五面加工門型マシニングセンタ、立型高速回転マシニングセンタ設備を導入
東芝エネルギーシステムズ(株)殿よりベストパートナー賞受賞
平成19年 神奈川県より神奈川県優良工場に認定
東芝エネルギーシステムズ(株)殿より品質指定工場に認定
平成26年 東芝エネルギーシステムズ(株)殿よりベストパートナー賞受賞
平成30年(2018年) ・個人開業より70年
・CNC三次元座標測定機・テーブル型横中ぐり盤・五面加工門型マシニングセンタを導入